2017年09月14日

【スカイプ相談開始】

【スカイプ相談開始】
 
遠方の方や、スカイプによる相談が都合が良いという方むけ
にスカイプ相談(テレビ電話相談)を開始しました。
相談の流れや料金は下記をご確認ください。

(流れは)
@ご連絡を頂き
・ホームページ(シムラマーケティングで検索)の問い合わせから連絡
・フェイスブック及びラインのメッセージで連絡
・ks@shimuramarketing.sakura.ne.jp へメールで連絡
・098-988−1828 へ電話及びFAXで連絡
A当方より書式を送りますので相談内容を記入後返信
B当方でその内容を確認(お答えで出来る内容かの確認)
C指定口座を連絡いたしますのでそちらにご入金
D当方で入金確認後Skype名を確認
E相談日時を決めて
FSkype相談を実施する
 
(料金は)
・1時間以内 15,000円
・2時間以内 30,000円
 *別途消費税を頂きます。
 また、振込手数料はご負担お願いします。
 
お気軽にごお問い合わせ下さい。

Shimuraマーケティング
代表 志村 幸司
tel/fax 098-988-1828
KS@shimuramarketing.sakura.ne.jp
http://shimuramarketing.sakura.ne.jp




posted by 志村幸司 at 22:54| Comment(0) | セミナー・コンサルティング

2017年02月28日

【小規模セミナー7-7】

こんにちは。
販売コンサルタントの志村幸司です。
先日那覇商工会議所で実施しました小規模セ
ミナー7回中の7回目(最終回)について書
きたいと思います。
今回はビジネス心理についてでした。
 
ビジネス心理とは
 
ビジネス心理とは、日本ビジネス心理学会が
実施している検定試験ですが、人の能力と組
織の活力を向上させることをテーマにマネジ
メントの課題やマーケティングの課題に総合
的に応える「心の科学」と定義されています。
ビジネス上での心理状態を分析して最高のパ
フォーマンスを発揮するためにどうするかを
考えることと言えます。
小売やサービス業の現場でいうと、商品サー
ビスを選ぶ場面、接客を受ける場面など常に
心理状態が影響を及ぼしています。意思決定
には必ずなんらかの心理が働いています。
それらを理解し、ビジネスに活用する事で顧
客の満足度を向上させ、売上をアップさせる
ことが大切になります。
 
それぞれの業種で
 
それぞれの業種で、購買の決定要因は変わっ
てきます。高価格帯の商品なのか、中価格帯
及び低価格帯の商品なのか、また、こだわり
が影響する商品なのか、そうでない商品なの
か、更に年齢層の違いによっても決定に及ぶ
要因やその心理状態は変わってきます。
自分の扱っている商品の特徴を理解し、顧客
に合ったアプローチをすることが大切なわけ
です。
今回のセミナーではビジネス上での心理学の
考え方や、その具体的な状況別の心理状態、
その有効な活用法について説明しました。
 
まとめ
 
マニュアルの多くは心理状態を考慮したもの
となっています。丸暗記で覚えたことも、実
は心理状態を考慮して構築されたものが多く
、その意味を理解することが大切です。
ビジネス上での心理状態を知り対応すること
が、顧客満足度向上につながることは間違い
ありません。
 
(PS)
当小規模セミナーは7回シリーズで今回が最
終回となりました。
セミナーで学んだ内容を有効に活用して頂き
、参加メンバーの事業所がお客様にとって欠
かせない存在になれば嬉しく思います。
posted by 志村幸司 at 22:43| Comment(0) | セミナー・コンサルティング

2017年02月25日

【小規模セミナー7-6】

こんにちは。
販売コンサルタントの志村幸司です。
先日、那覇商工会議所で実施した小規模
セミナーについて書きたいと思います。
今回は販売促進の広告編でした。

広告とは

販売促進には、販売を計画実行する段階
と、それに伴う広告を考え実施する段階
があります。前回の計画編に続き今回は
広告についてお話ししました。
広告には、テレビ広告、ラジオ広告、新
聞広告、雑誌広告、看板広告、チラシ広
告、ネット広告、POP広告などがありま
す。
これらの広告は誰をターゲットにするか
で使うべきものは変わってきます。
例えば、20代の若者に販売したい場合は
その層の利用者が多いネット、中でもSN
Sのラインやツイッター、YouTubeなど
が有効です。

まとめ

広告はターゲットを誰にするかで選ぶべ
きものが変わります。
効果を最大化するためにも、ターゲット
を明確にして、その行動を掴んだ上で広
告方法を決めることが大切です。
posted by 志村幸司 at 23:09| Comment(0) | セミナー・コンサルティング