2017年12月07日

【自分を信じる】

おはようございます。

(431回)
「自分自身を信じてみるだ
けでいい。きっと、生きる
道が見えてくる」詩人、ゲ
ーテの言葉です。
せっかちな人、のんびりし
ている人、目立つのが好き
な人、目立つのが嫌いな人
。人はそれぞれで、これこ
そ個性の原点です。
自分の性格、気質含め個性
なんです。周りに迷惑を掛
ける状態でないなら直す必
要はありません。周りの言
葉に影響されて無理に変わ
ろうともしないことです。
結局、不自然な自分を作り
自分にとってもストレスに
なるだけですから。
自分らしさの中にこそ武器
はあるはずです。
自分を忘れないことです。
自分を大切にしましょう。

では、
今日も笑顔でいきましょうね(^-^)
posted by 志村幸司 at 08:28| Comment(0) | 学びの部屋

2017年11月15日

【盛上がる対決型】



こんにちは。
販売コンサルタントの志村幸司です。
今日は対決型マーケティングについて書き
たいと思います。

迷い.jpg
注目対決型される対決型

対決型はゲームの世界から盛り上がりまし
た。見えない相手と戦うワクワク感は沢山
の人を魅了してきました。
対決型は販売の世界にも進出して、マクド
ナルドが仕掛けた、「マグド対マック」
「チキンタツタ対チキンタルタ」も盛上が
り、AKBの専売特許とも言えそうな「総選
挙」も導入しました。
また、明治では「きのこの山対たけのこの
里」が大人気でした。
ポイントは人気が二分するものを対決させ
てファン心理を煽ることと言える。
「私はこれ」「私だったらこれ」このよう
比較されやすいことも大切です。

まとめ

盛り上がる対決型。成功しやすいポイント
は人気を二分するものであること。比較し
やすいもの、されやすいものであることな
どがあげられます。自社の扱い商品等でそ
のような企画を考えるのも面白そうです。
posted by 志村幸司 at 19:43| Comment(1) | 学びの部屋

2017年11月08日

【さんぴん茶って深い】

DSC_0618.JPG
こんにちは。
販売コンサルタントの志村幸司です。
今日は与那原町にある神谷茶舗を支
援しました。
長い歴史の重みを感じましたし、神
谷社長の力強さ、強面ながら実は優
しい人柄もナイスでした。

今日はその神谷社長のうんちくを聞
きながら沖縄のお茶というメージが
強いさんぴん茶を頂きました。
DSC_0636.JPG

さんぴん茶は、実は沖縄産の茶葉で
はなく、台湾や中国から入ってきて
います。

花を揉み込み香り付けをすることが
特徴で、淹れて頂いた途端、店内に
良い香りが漂いました。

当たり前ながら、ペットボトルで飲
むさんぴん茶とは愕然とくるほどの
差がありました。

DSC_0628.JPG
台湾産(写真左)は清明茶(シーミー
茶)とも呼ばれ、沖縄のお年寄りに
馴染みが深く、程よい苦味が特徴で
す。
黒砂糖と凄く相性が良いようなので
、チョコレートとも合いそうです。

中国産(写真右)は、苦味がなくまろ
やかな味わいで、後味も凄く良くな
んとでも食べ合わせられそうでした。

是非、与那原町にある神谷茶舗のさ
んぴん茶をお試し下さい。
posted by 志村幸司 at 18:30| Comment(0) | 学びの部屋