2015年05月26日

【4Pと4E】



4Pと4Eという言葉を聞いたことがあり
ますか。経営学者のコトラーが提唱した4
Pと最近ネットの発展で出てきた4Eです
が、特に4Eはあまり馴染みがないかもし
れません。
今日は4Pと4Eについて書きます。

4Pとは

4Pとは
@製品
A価格
B販売促進
C流通
以上4つを指します。
簡単に説明すると、製品(商品)があって、
幾らで提供するかを決め、陳列やセールスな
ど売り方を決め、流通はどのような経路で継
続的に手配していくかを決めるものです。
経営学者フィリップコトラーが提唱するこの
4Pはマーケティングの根幹をなすものです


4Eとは

@体験価値(わくわく感)
Aお値打ち感
B絆
Cどこでも、いつでも
商品を使う事で体験価値を感じて頂き、それ
により価格を超えたお値打ち感が出て、顧客
との絆を作ることでリピーターとなる。そし
てどこにいても繋がった関係が構築される。
これが4Eです。

活用方法の違いは

例えば、大手スーパーやコンビニエンススト
アなどチェーン展開を行っている店は、数の
原理(マスメリット)を活かせることが強み
となるため、4P戦略が良いと思われる。
逆に、小規模事業者など仕入パワーがない場
合は数の原理は弱みになり、細かい対応が可
能な点が強みになる。4Eはこのような、細
かい顧客対応を前提としており、小規模事業
者でしか対応できない戦略と言える。

迷い.jpg

まとめ

企業規模によって戦略は変わります。また店
舗販売とインターネット販売など売り方の違
いでも変わってきます。
自社にとってどれが一番適正かを考えること
が大切です。重要なことは「お客様に何でど
う貢献するか」を考えることです。
posted by 志村幸司 at 20:49| Comment(2) | 学びの部屋
この記事へのコメント
志村先生いろいろ参考になります。売店にとって、どう戦略をたてるかトライしてみます。
Posted by まえだ売店 at 2015年05月27日 09:29
前田売店さま、ありがとうございます。どんどんチャレンジして、新しい前田売店を作っていってくださいね!!
Posted by 志村幸司 at 2015年05月28日 08:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: