2016年06月24日

【当たり前の反対にチャンス】



こんにちは。
販売コンサルタントの志村幸司です。
今日は当たり前の反対に隠れているチャン
スについて書きたいと思います。

驚く.jpg



当たり前の反対とは

では、当たり前の反対とはなんでしょうか
?私たちの周りには当たり前が沢山存在し
ています。例えば、男なんだから女なんだ
からといった生き方もそうですし、食べ方
や遊び方、働き方まで当たり前が存在した
りします。日本人らしくなんていうのもそ
れにあたるかもしれません。
では、どのようにその当たり前をビジネス
チャンスに変えるのでしょうか。

反対のことをやってみる

当たり前と言われている事の反対をやって
みると良いと思います。例えば、「おにぎ
り」という定番化された当たり前の食べ物
に対し「おにぎらず」なんて食べ物が出て
きて流行ったり。サンドイッチに対してサ
ンドしないイッチなども出てきました。塊
で売る当たり前をバラ売りに変えてしまっ
たわけです。甘いはずの飴玉を甘さを抜い
て販売したものも同じです。

まとめ

当たり前の反対にチャンスは隠れています
。「・・・とはこんなもんだ」「・・・は
こうあるべきだ」。そう考えているモノや
コトの反対側を掘り起こしてみるのも面白
いかも知れません。
posted by 志村幸司 at 16:16| Comment(0) | 学びの部屋

2016年06月12日

【猫派拡大への対応】



こんにちは。
販売コンサルタントの志村幸司です。
拡大するペット市場、その中で増える猫へ
の対応について書きたいと思います。
くつろぐねこ.jpg

まだまだ拡大するペット市場

拡大を続けてきたペット市場。その勢いは
留まるところをしりません。
2015年度の市場規模は1兆5000億
弱まで膨らんできました。
正確な数字は出て来ていないが、今年に入
り犬猫の頭数が逆転し、主役の座を犬から
猫が奪ったとのニュースも流れていました
。犬が減り猫が増えてきたわけですが、そ
の理由は以前のブログでも書きましたが、
犬が散歩など手間が掛かる事に対し、猫は
楽に飼えること。また、マイペースを大切
にする現代の生き方に猫の気ままな性格が
マッチしている点などが上げられます。
SNSでの繋がりなど、リアルより緩い関
係を重視する現代、今後も猫派が増え続け
る可能性は極めて高いように思います。
しかし、店舗サイドでの猫向け商品やサー
ビスの拡充は遅れています。今だに犬中心
の売場がほとんどです。店舗サイドの早め
の対応が急がれます。

まとめ

増え続ける猫。でもそれに対応した商品や
サービスは遅れがちです。
もっともっと新しい価値の訴求を店側がし
ないといけません。犬と猫の性格的違いや
買う側の動機をしっかり理解することから
始めないといけません。


posted by 志村幸司 at 23:00| Comment(0) | 学びの部屋