2016年03月08日

【宿命と運命】

おはようございます。

「宿命と運命」は料理
でいうと「素材と調理」
。素材そのものは変わ
らないが調理で変化す
る。なるほど、宿命は
宿った命で持って生ま
れたもの。運命は運ぶ
命で運びかたで変わる
もの。運命は自分自身
で運ぶ(造る)ものって
ことなんですね♪
朝のラジオで聞いた内
容ですが、納得感があ
りました。
人や環境のせいにする
ことなく、自分自身で
道を切り開(命を運ぶ)
かなきゃって思いまし
た(^-^)

では、
今日も笑顔でいきましょうね(^-^)
posted by 志村幸司 at 00:00| Comment(0) | メッセージ(20160307より)

2016年03月07日

【競争と個性】



人と比べず自分らしく生きることの重要性
がよく説かれています。競争を否定するも
のなんでしょうか?競争と個性について書
きます。

自分らしく生きる

これは私はこう考えます。ある比較対象に
対抗するためには個性的な発想が必要と考
え、自分らしいアイデアとは何かを検討す
る。これは決して競争や勝負から逃げてい
るわけではありません。何かを達成するた
めに角度を変えて戦う戦略と言えます。

競争から逃げない

競争は次々に新しい事を生み出し、自分自
身のレベルアップにも繋がるモノにです。
正面から勝負しなくても、違う角度や違う
方法で勝っても良いのです。相手より強力
な武器を持ったり、総合力勝負で戦略的に
戦ったり。方法は沢山あります。その方法
の一つに個性を加える事が大切なんです。
例えば、自分が得意な道具を使うなど、自
分らしく戦う事はどういうことかを考える
と良いわけです。

まとめ

個性(あるがまま)は競争を否定するモノで
はありません。自分らしい戦略を立てて競
争する事が大切です。
競争から逃げないで、個性(あるがまま)を
活かして勝負しましょう。
posted by 志村幸司 at 06:44| Comment(0) | 学びの部屋

2016年03月03日

【モノとコトの融合】



モノからコトへ消費の流れが変わってきて
いるとよく聞くと思います。その事につい
て書きます。

拡がる体験型

30年前のモノ不足の時代は作れば何でも売
れていました。その次は市場が求めている
モノを発売しないと売れなくなってきて、
更にはモノが溢れる時代になったことで何
でも揃うようになり、欲しいモノを問われ
ても答えられない人が増える時代になりま
した。そこで拡がりだしたのが体験型の取
組です。小売業はもちろんサービス業で特
に拡がってきました。

モノは不要になる?

この出来事は決してモノが売れない時代に
なった事を指しているわけではありません
。新商品の開発を止めてしまっては陳腐な
社会になってしまいます。大切なのは売り
方を考えること。商品と体験を合わせるな
ど工夫をすることが大切です。
売れなくなったのでも売りにくくなったの
でもなく、今の売り方が古いだけなんだと
考えるべきです。

まとめ

「モノからコト」へではなく「モノとコト
の融合」が大切です。いかに消費を喚起す
るか、全ては仕掛け次第だと思います。
ニーズやウォンツを捉えた商品作りと、消
費者に良さを伝える方法をセットで考える
。じゃんじゃん新しい商品を出すのでなく
その商品一つ一つの楽しみかた(体型)を伝
えぬく。これに尽きると思います。
posted by 志村幸司 at 07:20| Comment(0) | 学びの部屋